腹式呼吸の効果。

ようこそ!上越さくら整体院のHPへお越しくださいました。

当HPの検索ワードランキングトップ、それが『腹式呼吸』です。

 

今回、腹式呼吸に関するページのみを抜粋してみました。

日常生活やスポーツ活動などに、是非お役立てください。

 

また整体施術で全身の骨格矯正をすることで、深い腹式呼吸が可能になります。

『呼吸が浅い』、『腹式呼吸が上手くできない』など、お気軽にご相談くださいね!

 

院長


 

最近、いろんな媒体で腹式呼吸について紹介されています。

なんとなく身体に良いのは分かるけど、詳しく知りたいあなたに…

 

まず、胸式呼吸と腹式呼吸の違いから理解しないといけません。

 

胸式呼吸→肋間筋による交感神経優位の呼吸運動

腹式呼吸→横隔膜による副交感神経優位の呼吸運動

 

では次に、腹式呼吸のメリットはと言うと…

 

@副交感神経を活性化することで、リラックスが促進される。

A横隔膜が上下運動することで、内臓の消化運動を助ける。

B酸素の摂取量が130%程度増える。

C腹部大動脈が刺激され、血行が促進される。

D背骨の自然な動きが引き出される。

 

ざっと思い付く限りでも、これだけの効果が考えられます。

要するに、内分泌系に関して良い影響があるのが腹式呼吸なんですね。

 

実はお客様で体調の悪い方は、上記の胸式呼吸になっていることが多いです。

しかし施術を受けた後は、無意識のうちに腹式呼吸に変化している場合が殆ど。

 

本来、人間の身体が潜在的に備えている呼吸の機能が腹式呼吸です。

それが筋肉の緊張によって、上手く作用しなくなっている場合があるのです。

 

当院の施術は、皆さんのお身体が持っている本来の機能を引き出します。

病院では教えてくれない正しい身体の使い方を、ぜひ実感して頂きたいと思います。

続・腹式呼吸のお話。

ドローインは深い呼吸を促し、腹式呼吸を導く運動の様式。

つまり、腹式呼吸を身に着けるためのトレーニングなのです。

 

トレーニングには、専門家による正しい指導が必要です。

記事だけで分からない点は、お気軽にご相談くださいね!

 

院長


 

先日の腹式呼吸の効果という記事はご覧になりましたか?

今日はその続きをお話しようと思います。

 

いろいろと効果的な腹式呼吸を、自分で意識して行えたらいいですよね。

今朝のテレビで「ドローイン」を紹介しているのを観て、そう思いました。

 

biheso1.gif

 

お腹の息を吐き切るのが、「ドローイン」と「腹式呼吸」の共通ポイント。

つまり、ドローイン=腹式呼吸と考えても良いのではないでしょうか?

 

先日の記事で、体調の悪い方が胸式呼吸になっていると書きました。

全身の様々な筋肉が緊張して、結果的に呼吸が浅くなっているとも言えます。

 

ドローインは横隔膜の上下運動を促し、次の息が自然と深く吸い込めます。

息をしっかり吐くことで、自然と腹式呼吸の流れを作り出しているのですね!

 

しかもドローインには、ウエストを引き締めるダイエット効果が♪

これはもう、みんなでやるしかないですね。今日からレッツ・ドローイン!!

ご案内

@当日の施術予約については、お電話でのみ受け付けております。
 オンライン予約は、施術の前日まで受付可能になっております。
 
A当院に専用駐車場はございません。公共の駐車場をご利用ください。
 駐車割引券のお渡しはしておりません。各自でお支払いください。
 
B現金以外でのお支払いは、現在はPayPayのみ決済が可能です。
 また施術回数券のお支払いは、現金決済のみとさせて頂きます。
 
C営業時間内に留守にすることがあります。(町内会合・保育園送迎等)
 1時間以上留守にする場合は、事前にSNS等で告知させて頂きます。
 
D当院の営業時間は、10:00から最長で21:00までとなっております。
 19:30以降は最終のお客様が終わり次第、随時閉院させて頂きます。

 
E複数のお客様が院内で接触しないよう、予約時間の調整をしております。
 お客様におかれましては、可能な限りご予約の時間丁度にお越し下さい。
 
大変恐縮ではございますが、上記をご承知おき頂いた上で当院をご利用下さい。
 

院長

6つのお約束
当院では新型コロナウイルス対策の観点において、以下のことを心掛けております。
 
@施術者は必ずマスクを着用し、必要以上の会話を自粛します。
A院内でお客様が触れる箇所は、都度の消毒を実施します。
Bフェイスペーパー等、可能な限り使い捨ての物を使用します。
C一日の施術人数を制限し、定期的に院内の換気を実施します。
D施術者は検温を実施し、体調不良時は速やかに閉院します。
E施術者はワクチン接種を完了し、市外への外出を自粛します。
 
お客様におかれましても、発熱等の症状がある場合は当院のご利用をお控えください。